【ラグビー】2022年7月 日本代表対フランス代表戦 見どころ 勝利予想 ~最速プレビュー記事~

ラグビーフランス代表 ファンの家
ラグビーフランス代表イメージ

この記事はラグビー中級者向けです。☆☆

この記事では、リポビタンDチャレンジカップ2022 フランス代表戦を前に、

・試合情報 ・勝利予想 ・両チーム分析 ・過去対戦成績 ・前回対戦レビュー 

をそれぞれお話します。

ラグビー観戦歴14年、テストマッチ現地観戦23キャップを持つ私が書く、

昨日2022年2月28日に試合の開催が発表され、おそらく国内最速のプレビュー記事です(笑)。

日本代表対フランス代表戦に向けて、今から盛り上がっていきましょう!

日本代表を応援しているラグビーファンのみなさま、ぜひ目を通してください。

試合情報

リポビタンDチャレンジカップ2022 フランス代表戦は2試合開催されます。

・2022年7月2日(土) 日本代表vsフランス代表 会場:豊田スタジアム(愛知)
・2022年7月9日(土) 日本代表vsフランス代表 会場:調整中
2試合目の会場やキックオフ情報、テレビ中継情報、チケット情報は発表され次第追記します。
ピーター
ピーター

夏の国内テストマッチは久々ですね。楽しみです。

ずばり!勝利予想は !?

最初は、日本代表vsフランス代表戦の勝利予想です。

私は、フランス代表との2連戦ずばり、

・勝率40%  ・1勝1敗
と予想します。
次の章で、両チームの分析を詳しくします。
(記載情報は2022年3月1日現在のものです。)

日本代表分析

ラグビー日本代表レプリカジャージ

ラグビー日本代表レプリカジャージ

世界ランク 10位
ヘッドコーチ ジェイミー・ジョセフ
愛称 ブレイブ・ブロッサムズ
ジャージカラー 赤×白

2019年の日本で開催されたラグビーワールドカップで史上初のベスト8入りを果たした日本代表。

2020年は新型コロナのパンデミックで代表活動を行えませんでした。

2021年は、強化が思うように進まない中、B&Iライオンズ、ワラビーズ、スコットランド代表、アイルランド代表という強豪相手に善戦しました。

シックスネーションズやザ・ラグビーチャンピオンシップというような国際大会に属さない日本は、定期的なテストマッチという面で後れを取っています。

さらには、新型コロナのパンデミックという状況で、テストマッチメイクが限られるという状況。

その中で、この結果は2021年の日本代表は地力が確かなものであるということを示しました。

2022年シーズンは、リーグワンが5月末まで開催されます。

その後1か月間の準備期間があるので、充分に準備をして試合に挑むことが出来るのではないでしょうか。

ティア1国に勝ち切る力は充分にあります。

フランス代表分析

ラグビーフランス代表

ラグビーフランス代表イメージ

世界ランク 3位
ヘッドコーチ ファビアン・ガルティエ
愛称 レ・ヴルー
ジャージカラー ブルー

現在、世界ランクで3位のフランス代表。つまり、北半球最強チームです。

ワールドカップイヤーという2019年のシックスネーションズの段階でヘッドコーチにファビアン・ガルティエ氏が就任したフランス代表。

2019年のワールドカップこそベスト8止まりという結果に終わったものの、

その後は、チームの大きな若返りを図り、2020年のシックスネーションズで4勝を挙げました。

「鬼」と称されるガルティエ氏の指揮とチームが上手く噛み合っている印象です。

2023年には、自国フランスでのワールドカップを控えているフランス代表。

自国での初のワールドカップ優勝に向け強化を着実に進めています。

今回の日本遠征は、フランス国内リーグ直後ということなどを加味し、

主力を除いたレベルでのチーム編成で来日するのではないかと予想しています。

これは、次年度に開催されるワールドカップに向けて選手層を厚くすること、戦力の見極めが狙いです。

日本代表が勝利するための鍵は?

今回の2連戦で、日本代表が勝つための鍵となるポイントは、次の2点になると考えます。

・ホームアドバンテージ
一つ目は、ホームアドバンテージです。
テストマッチのホーム開催は、ファンの応援、試合環境、選手の気持ちなど大きなメリットがあります。
また、7月という季節も日本代表に有利に働くと考えています。
ご存知の通り、日本の夏は暑いです
海外のチームが夏の日本に遠征する際、暑さに苦しめられるというケースが過去にもあります。
・スクラム
二つ目は、スクラムです。
フランスは、スクラム強国です。
日本代表はいかに安定したボールを出すことが出来るか、また、スクラムのペナルティがどう働くかが鍵となると考えています。

過去対戦成績

日本代表はこれまで10度、過去にフランス代表と対戦しています。

【日本代表対フランス代表】

1973年10月27日 ●18-30 ボルドー
1978年9月23日 ●16-55 東京
1980年10月19日 ●3-23 トゥールーズ
1984年9月30日 ●0-52 大阪
1984年10月7日 ●12-40 東京
1985年10月19日 ●0-50 ダックス
1985年10月26日 ●0-52 ボジョアール
2003年10月18日 ●29-51 タウンズビル(RWC2003)
2011年9月10日 ●21-47 ノースハーバー(RWC2011)
2017年11月26日 △23-23 ナンテール

試合数自体が、他のティア1の国に比べてそもそも少ない気がします。

通算9敗1分けです。まだ、勝ったことはありません。初勝利が期待されます。

フランス代表が日本に遠征に来るのは(ワールドカップ2019を除いて)1984年以来ですから実に38年ぶりとなります。

日本国内でフランス代表が観られる珍しい機会ですね。

ハリス
ハリス

2011年のワールドカップでの試合は、秩父宮にパブリックビューイングを観に行きました。

後半途中まで善戦するも、最後は点差を離されるという展開でした。

前回対戦については、次の章で詳しく振り返ります。

前回対戦レビュー:2017年11月26日

日本代表が直近でフランス代表と対戦したのは、2017年11月26日です。フランスはパリ近郊パリ・ラ・デファンス・アリーナで対戦しました。

この記事を執筆するにあたり、試合映像を見直しました。

以下が、その試合のハイライト映像および公式記録です。

- YouTube
Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.

ラグビー日本代表 リポビタンDツアー2017(フランス遠征) 第2戦 (rugby-japan.jp)

試合は23-23の引き分けに終わっています。

試合を見なおした感想

ハリス
ハリス

フランスからの初勝利のチャンスだったので、引き分けに終わって残念です。

ただ、ティア1相手に真っ向勝負を挑んだ良い試合でした。

試合を支配していたのは、日本代表だっただけに改めてもったいなかったかな。

筆者的P・O・M

ハリス
ハリス

14番・レメキ・ロマノ・ラヴァ選手。

ランが光りました。

勝負の分かれ目

ハリス
ハリス

ベタですが、後半33分の日本代表のゴールキックです。

そこまで難しい角度ではなかっただけに痛すぎた、、

みなさま、ぜひ、またラグビー村の1丁目にいらしてください。

See You Again

筆者のプロフィール
ラグビー村の村長
ラグビー村の村長

管理人:ラグビー村の村長 ハリス
経歴 :→小学1年でラグビーを始める
    →現在、選手は引退し、レフリーなどを通して競技と関わる
競技歴:12年
観戦歴:14年~ 
現地観戦:テストマッチ23caps、スーパーラグビー2caps、トップリーグ63caps
ポジション:SH、SO

ラグビー村の村長をフォローする
ファンの家
ラグビー村の村長をフォローする
ラグビー村の1丁目
タイトルとURLをコピーしました